ガイドブックに載ってない島の情報が盛りだくさん!

2016年 1月

証明書は自動交付機が便利

宮古島市は、平良庁舎で証明書が発行できる自動交付機を設置しています。申請書を記入する手間が省けて、窓口の混雑時にも証明書がスムーズに取得できます。 証明書の種類: ◆住民票、印鑑証明書、戸籍、戸籍附票、所得課税証明書、納税証明書 場所: ◆平良庁舎1階ロビー 利用時間: ◆平日の午前…

七つ上がり・長上がり

「じゃあ、あんたの子どもは七つ上がり(長上がり)で今年入学さいが~」。 七つ上がり・長上がり。 島の年配の方たちが、新一年生になる子どもに対して使う言葉です。 新一年生になる子どもの年齢は7才ですが、中には6才になる子どももいます。 6才の子どもというのも、一月~三月に誕生した子どもで、学年…

昭和〇年生?で年齢が分かる

「昭和〇年生か?あぁ~、〇才ね。〇〇さんとぶーりゃ(同窓)なぁ?」 これも、島の年配の方たちを中心に使われる言葉です。 年配の方と初めて挨拶や話をする時に聞かれると思います。 「あなたは昭和何年生まれですか?」ということを聞いているのです。西暦ではなく、元号の聞き方をします。それによって、自分…

お盆(旧盆)

 島の一大行事のひとつ。先祖の霊を迎えて供養する年中行事のお盆(旧盆)は、旧暦の7月13~15日の3日間で行われます。初日の「ンカイ」は、本家(ヤームトゥ)や仏壇を持つ家庭では、仏前にご馳走や果物、サトウキビ等を供え、先祖の霊をもてなす。2日目を「カナビ」3日目を「ウッフィユー」と称す。三日間とも、…

与那覇湾がラムサール条約に登録

 宮古島下地の与那覇湾が2012年7月、ラムサール条約に登録されました。  条約の対象となったのは、国の鳥獣保護区の特別保護区に指定されている湾内704ヘクタール。  与那覇湾は広大な干潟が発達しており、 シギ・チドリ類をはじめ多くの渡り鳥の採餌及び休息場所となっている。なかには絶滅危惧種のクロ…

1月のイベント_宮古島100kmワイドーマラソン

★宮古島100kmワイドーマラソン 日本最南端のウルトラマラソンです。100kmの部と50kmの部のコースに分かれています。宮古島の自然を満喫しながらマイペースで完走を目指して走る同マラソンはリピーターも多いです。冬の名物イベントとなっています。 日付:2011年1月16日(日) 会場:うえの…

神とともに生きる

宮古に暮らしていると、御嶽(ウタキ)と呼ばれる拝所でニガイ(願う)する女性たちの姿をよく見かける。神に様々な報告や願い事をする着物姿の女性たち。彼女たちは地域を代表したツカサと呼ばれる祭祀(神事)を執り行う人たち。一年の豊作・豊漁、無病息災、繁栄など地域の想いを一手に担い神に伝えるのだ。 宮古島の…

クイチャー

クイチャーのクイとは宮古島の方言で「声」、チャーとは「合わせる」という意味です。 文献によると、1655年には琉球国王の前でクイチャーを踊ったとされています。宮古島では五穀豊穣や雨乞い、近年では催し物の成功を祝う踊りで、感謝や喜びを全身で表現します。 踊り方は、全員で円陣を組み、ニノヨイサッサと…

宮古島まもる君

宮古島はじめ全国で話題沸騰の宮古島まもる君。 宮古島まもる君は、宮古島警察署管内の道路に設置されている警察官型人形の愛称です。 誰が制作したのかもいざ知れず、いつの間にかサトウキビ畑沿いの道路にひっそりと立ち始め、通行人を見守っていたまもる君。 各地域に立つようになってからは、いつしか巷で…